カーテン・レールの測り方

 カーテンレールの測り方は重要です。
 ここでは、カーテンレールはすでに取り付け済で、カーテンオーダーのみされる方の
 カーテンサイズの測り方を説明いたします。
 よく高さと幅を間違われる方がいらっしゃいますので、測サイズを測る前に
 必ずメモを用意して間違えないようにしましょう。

STEP1 カーテンレールを基準に幅を測ります。

カーテンの幅は、カーテンレールの長さではなくカーテンレールの両端についている固定された金具から金具までを基準に測ってください。

一般的な金属製のレールはカーテンレールの端の固定された金具から逆の金具まで、
木製などの装飾用レールなどは金具が固定されていないものもありますが、一番端の金具から逆の金具までを測ってください。

STEP1 カーテンレールを基準に幅を測ります。
STEP2 カーテンレールから丈(高さ)を測ります。
STEP2 カーテンレールから丈(高さ)を測ります。
レールランナーの穴から床または窓枠までの高さを測ってください。
丈(高さ)を測るときは、垂直に測ってください
窓枠などに合わせて測ると簡単に測れます。

【腰窓】
 腰の高さの窓のことを腰窓と言いますが、それ以外の高さでも床まで窓が無ければこのタイプになります。
少し長めの方が見栄えがいいので、測った高さに15cm程度足して、高さとしてください。
 測った高さ+15cm程度 ※レースカーテンは13cm程度足す

 【掃き出し窓】
掃き出し窓とは図のように、ほうきで掃除をしたときにごみが掃きだせる窓のことです。カーテンが床に付くと汚れますので、床まで測って2cm程度引いてください。
測った高さ-2cm程度 ※レースカーテンは4cm程度引く

カーテン・レールの測り方